TOP
BBS
主催者日報
ベイビーの歩み
vol.1
vol.2
vol.3
vol.4
vol.5

 この場で前売りチケットの予約が出来ます。必要事項を下のフォームに入力して送信して下さい。当日にオンライン予約した旨とお名前を言っていただければ前売り料金(500円、当日清算)でご入場いただけます。

 ■来場を強制するものではありませんが、いたずらでの送信はおやめ下さい。
 ■送信内容を許可なくFrypan Baby、ならびにFrypn Recordsがチケット予約の目的以外で利用することはありません。
■名 前
■メール
■人 数 人 (これ以上の場合は下のコメント欄にご記入下さい)
■アーティスト・スタッフへのコメント/その他連絡事項


ギンガムボム
終楽章にして初登場の彼らは、不思議な雰囲気をもったキュートな3ピースバンド。 初登場とはいっても、実はフライパンベイビーが始まった頃からの仲間でもあるんで す。彼らはvol.1〜vol.5まで欠かさずに見に来たり、手伝ってくれたり。 Ba.の久保さんいわく「フライパンベイビーvol.1に行っていなければ ギンガムボムやってなかったかもしれない・・ので、ほんとに特別なんですよね。」 なんとも嬉しいことです。フライパンベイビーが生んだベイビー?? けれども、もう彼らにはベイビーという言葉は似合わないかも知れません。 (確かにメンバーは皆童顔ではありますが。)泣かせる楽曲、美しい歌詞、 センス溢れるギターリフ、、、今や色んなところに引っ張りだこの人気バンドです。 (懐かしさ+切なさ+爽やかさ+青さ)÷ポップ= どう、聴きたくなった?
ピジョンズ
どうしてこれだけ隙間だらけの音なのに、こんなに素敵に響くのだろう? ピジョンズのライブを見るたびに思う。構成はいたってシンプル。 楽器はギターとドラム、たまにピアニカが入るだけ。 けれど、そこにべーさん(Vo./Gt)の声が入ってくると、その音たちは 幸せな音楽となって踊り出す。音と音の間にそっと入り込んでくるいろんな「感じ」。暖かで、嬉しくて、励まされ、ちょっと寂しくなる。 音楽がただの音符の集まりじゃなくて、「人」によるものなんだって実感する瞬間。 だってこの音楽、彼女たちにしかできないでしょう? その表情豊かなライブは、新しい季節の訪れにも似た小さな幸せを届けてくれます。
サンプリングサン

フライパンベイビーVol.1から、Vol.2、Vol.4、そして今回のVol.6と、ゆーきゃんと共にベイビーを支えつづけてきてくれたポップバンド。WHOOPEE'Sでも、拾得でも、西部講堂でも、いつもその演奏は力強くて、楽しくて、すべての人にパワーを与えてくれました。ベイビーはしばらくお休みになりますが、サンサンの活動はこれからもフライパンがお伝えします。4月にMaxi、5月にMini Albumが発売予定。こちらも楽しみです。

(Official Website→)

ゆーきゃん。

もう正直ゆーきゃん。について言うことはありません。フライパンベイビーを ずっと一緒に創り、支えてきた仲間であり、美しくはかなき吟遊詩人。 これが彼にとっての最後のフライパンベイビーであり、フライパンベイビーが用意できる最後の舞台。その時、「うた」は何を聴かせてくれるのだろうか? 以下は高校の同級生であり、フライパン東京のやくた君の弁。

幼い頃に行った遊園地、
真っ青な空に一つ、
誰が飛ばしたかわからない赤い風船。
あの風船は、誰が飛ばしたのだろう。
寂しさ、儚さ、虚しさを連れ、あの風船はどこまで飛ぶのだろう…
ゆーきやんの歌う姿を見ると、僕はついそれを思い出してしまう。
ゆーきやんの歌う姿を見て、あなたは何を思い出すのだろう?

(Official Website→)

 

28,133